柴咲コウが事務所との契約解消、そして、Youtuberの転身!「お疲れ様でした」「今は、自分のキャリアコントロールが大事だから」

柴咲コウ_事務所退社

女優の柴咲コウ(38)が1日、公式HPで所属事務所とのマネジメント業務契約が3月31日に満了したことから、退社したと発表した。公式HPによると、所属事務所と「マネジメント業務に関する契約が2020年3月31日をもって終了し、同社から円満に退社しましたことを、ここにお知らせ致します」と記されている。

今後は柴咲自身が代表を務めるレトロワグラース社でマネジメント業務を行っていくという。

「これまで長年にわたりご支援いただきました関係者の皆様、そしてデビュー前より21年間にわたって柴咲コウを育てて頂いたスターダストプロモーションには、心より感謝申し上げます」とこれまでの所属事務所にも感謝を伝えた。柴咲コウが所属事務所退社を発表 今後は個人事務所で活動

この記事の反応

日本でもタレントさんが自分で自分のキャリアをコントロールしたくなったということでしょう。これは避けられない傾向だと思います。もちろん、それは薔薇色を約束しません。これまでのように守ってくれた人たちがいないのだから、全部自分の責任になります。それでも、そもそもがアーティストの人たちなのですし、しかも十分経験や人脈、知名度がある段階で決断しているわけですから、不安よりも自信と希望のほうが大きいのだと思います。がんばってください。応援しています。
最近は事務所退社がホントに増えたな。
21年もいたなら充分スターダストに貢献したね。歌手活動までやって頑張ったと思うよ。これから演技でどうなっていくかな。
若さゆえの一辺倒な演技から脱却して
捨て身の怪演を見せて欲しい。
このクラスの芸能人の退所の流れは流石に急に決まった訳ではないと思うけど、最近は本当に事務所を退所で個人事務所や独立の流れが増えたように思える。
各タレントさん色々と契約面や働き方で思う事があるんだろうなと思う。
ある程度知名度のあるタレントはSNSやYouTubeなど自身で直接プロモーションができるようになってきたので事務所を通す必要がなくなりつつある。事務所もいかに無名な若手を発掘して売り出せるかが生き残りにかかる重大なテーマになるんだろうな

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る