安倍総理「緊急事態宣言出す状況ではない」と宣言!非難轟轟の嵐「こいつ、まだそんなこと言ってるんか!?」「決断力が無い」

安倍総理_緊急事態宣言緊急事態宣言_コロナウイルス

安倍晋三首相は1日の参院決算委員会で、新型コロナウイルス感染症をめぐり「今この時点で緊急事態宣言を出す状況にはないと考えている」と述べた。西村康稔(やすとし)経済再生担当相は1日午後に専門家会議を開催し、直近の感染状況などを確認する考えを示した。首相は緊急事態宣言について「何よりも国民の命を守るために判断していきたい」と説明した。一方で「フランスのようなロックダウン(都市封鎖)はできない」とも語った。

西村氏は、緊急事態宣言の発令に関し「新規の感染者数や感染源が分からない感染者数、海外が国内に与える影響、医療提供態勢などを総合的に判断する。専門家も瀬戸際の状況が続いているという認識だ」と説明した。

首相「緊急事態宣言出す状況にない」 午後に専門家会議


この記事の反応

その日の数が判断の全てではない。

その日の数から2週間後が予測できる。
2週間後に医療崩壊しないならまだ出さなくていいが。

止まるものではないから、
緊急事態宣言は遅かれ早かれ出すことになる。

今できることは、
出した時のパニック抑制になる動きをしておくこと。

北海道では、鈴木知事の真剣な発信と「緊急事態宣言」という言葉の持つ重い響きに気持ちが引き締まり、不要不急の外出は本当に減りましたよ。北海道民の自粛行動は平日も継続されましたね。ただ4月という一番人の動きの激しい時の首都圏の緊急事態宣言は出し方が難しいと思いますし補償問題もからむので若干の不安がありますね。ただ爆発感染状態になってからでは遅い、ということが決断において最も最優先すべきだとは思います。
ずるずると判断遅れ、中途半端な自粛要請が続くも、感染は収まらず、世界から日本だけが置いてけぼりにされそう。

どうなったら、“出す状況”なのでしょうか。

※日本では新型インフル特措法・緊急事態宣言があるからと言って憲法第22条の権利に制約できず・・・

恐怖なのはGWだよ。人の移動が活発になり、イベントも増える。若者はバーベキューで集まり世の中、開放感が出てしまう。
医療機関は休み入り、感染の疑いがある人が病院に行けなくなり、救急は大混乱。
緊急事態宣言を出すなら、多くの企業が経済を止める時が狙い目。損失は少なく済む。

GWを絡めてやるんだろう。

いつまで待つつもりなのでしょうか。
すでに「瀬戸際の状況」なのだから、
今宣言すべきなのでは?

手に負えない状況になってから宣言するのではなく、手に負えない状況にならないために宣言するんじゃないのですか?

国民の命を考えるとはかけ離れた言動に
そろそろ嫌気が差してきました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る