加藤茶なりすましアカウントの法的処置はどうなる?

加藤茶_なりすまし

タレントの志村けんさんが3月29日、新型コロナウイルス感染にともなう肺炎のため亡くなった。志村さんと交友関係のあった著名人が追悼のメッセージを寄せ、ネットでも志村さんを追悼するコメントが多数あがった。

んな中、ツイッター上に、「ザ・ドリフターズ」のメンバーである「加藤茶」さんを名乗ったアカウントが複数現れ、

「志村の分まで長生きしなきゃだよな ツイッターも始めて、フォローっていうの? してくれると嬉しいなぁ」

などと、志村さんを追悼する内容のツイートがされた。

しかし、これらのアカウントは、加藤さんになりすましたものだとみられる。中には、フォロワーを増やすための悪質ななりすましだと批判されているものも。加藤さんを名乗ったアカウントによるツイートは既に一部削除されているが、まだ削除されていないものもある。

SNS上で著名人になりすましてコメントすることには、どのような法的問題があるのだろうか。清水陽平弁護士に聞いた。

●なりすますこと自体の法的責任は?

ーーSNS上で著名人になりすますことには、どのような法的問題がありますか

「まず、『違法』という場合、刑事上違法な場合と民事上違法な場合があり得ます。

刑事上違法な場合とは、刑法に抵触する行為がある場合のことを指しますが、『なりすまし』を罰する法律はないため、刑法上違法だということはできません。

一般的な感覚とは異なるかもしれませんが、「なりすまし」をすることそれ自体が直ちに刑法に抵触することありません。

他方で、民事上は、『なりすまし』をすることは、なりすまされている人の氏名権やプライバシー権を侵害しているという余地があります。

氏名権とは氏名を冒用(承諾なく名称等を用いること)されないことなどを内容とする人格権です。

また、近時は『他者との関係において人格的同一性を保持する利益』を指す『アイデンティティ権』という考え方も提唱されています。

したがって、『なりすまし』の方法によっては、これらの権利を侵害する違法なものという余地があります。この場合、権利侵害を受けた人は、削除や損害賠償を求めることができます」

ーーなりすますとしても、「本人ではない」と明言している場合はどうなりますか

「『本人ではない』と明言している場合は、『なりすまし』であると言うことがそもそも難しいです。

たとえば、ツイッターではルール上、パロディアカウントというものを認めています」

●なりすましツイートの法的責任は?

ーーなりすました上でツイート等することは、なりすますこと自体とは別の法的問題があるのでしょうか

「一般的な内容しか投稿していない場合には、それをもって違法としていくことは困難です。

しかし、なりすました上で他人の名誉やプライバシーを侵害する発言をしている場合には、なりすまされた人がそのような発言をする人物であると見られる、という点で名誉毀損になる余地があります。

したがって、このような発言をしている場合には、なりすまされた人が民事上、刑事上、名誉毀損を主張していく余地があります。

なお、権利の主体は『人』ですが、ここでいう『人』とは生きている人のことを指し、死者は含まれません。そのため、死者になりすましても責任追及はされにくいといえます。

ただし、刑法は、死者の名誉毀損について『虚偽の事実を摘示』した場合には罰するとしているため、死者に関する虚偽の事実をツイート等していた場合には、死者に対する名誉毀損罪が成立することになります」

●アカウントを乗っ取られて、なりすまされてしまった場合は?

ーー「なりすまし」では、アカウントを乗っ取られてしまったと主張されることがあります。本当に乗っ取りであった場合、乗っ取った人の責任はどうなりますか?

「仮に乗っ取りであった場合には、不正アクセスをしているということになるため、不正アクセス禁止法に抵触します。

同法違反は、『3年以下の懲役又は100万円以下の罰金』とされています」

●「なりすまし」、するべきでない

ーー「なりすまし」はしばしば問題になっています

「仮に『なりすまし』が違法にならない場合であったとしても、なりすまされた人からすればかなり不快なものであり、また、特に死者に関連するような行為は不謹慎であるといえます。

自分がされて嫌なことは他人にもしない、ということは小学校の道徳でも習うことだと思うので、そのような行動はするべきではないでしょう」

加藤茶さん「なりすまし」ツイート、志村けんさん訃報であいつぐ 法的問題は?

この記事の反応

こういうことに危機感を感じない人も多いけど
フェイクニュースと同じくこれは速やかに法的な手段と
企業側がなんとかする努力をしたほうがいい問題だぞ。

 ロシアなんかじゃなりすましを利用して選挙結果に影響を与えようと
あれやこれやと米国大統領選挙に人を投入しある程度の成果をあげた。
 人は一端うけてしまった印象に引きずられるので後でなりすましだと
わかってもその時に感じた悪印象はかならず影響を与えてしまう。

なりすましを非難するのは簡単なのだが、他方で自分のアカウントが乗っ取られた上で成りすまされたらと思うと他人事ではない。

ある日突然、自分のアカウントが「加藤茶」に変わっていて、成りすましを非難するような投稿で埋め尽くされたらどうなるであろうか。
おそらく、加熱したネットには「自分がやったんじゃない!乗っ取られたんだ!」といくら言っても、冷静に考えられる人などほとんどいないと思われる。

良く分からないのはコロナの陽性経験者が語っているアカウントがありますけど
これもなりすましでは?と思う節があります。
注意喚起を目的でやられているんだと思いますけど、
裏を返せばフォロワー集めの目的にもなるので、気をつけた方が良いかなと思います。
売名目的で軽い気持ちでやったようだけど(乗っ取られたという本人の釈明は、正直信じがたい)、
志村さんの名前の大きさを理解しておらず、ここまでの反発を呼ぶことが想像できなかったのだろうか
とにかく猛省を求めたい
なりすましって、中高生の間でのいじめの手段として使われることもあるんですよ。有名人のアカウントは認証がありますけど、個人アカウントにはありませんから判断が付かないんです。そして炎上しそうな画像を乗せたり、書き込みをしたりして当人がやったものと判別をつかなくさせているのです。しかも、教師がそういう情報に疎いから、なりすまされたほうが悪いとか言い出して指導するんですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る