TKO木下、新会社「UtREE」設立する!Youtubeチャンネルも4月1日に開設予定「エイプリルフールか?」「協力者がいないようじゃ難しい」

今月15日に松竹芸能を退社し、フリーとして活動を開始したお笑いコンビ・TKO木下隆行(48)が31日、新会社「UtREE」を設立し、公式サイトをオープンした。同日、自身のブログ『僕とポコの日々』も開設し、最初の投稿であす4月1日の午後6時からYouTubeチャンネルも開設することを発表した。

サイトのトップページで「今までは、母親、木本、松竹芸能という『大きな木の下』で守られて、育ってきた48年でした。その居心地の良さに甘えて、自分で気づかないうちに、周りを気遣えてなかったと思います」とこれまでの自身の活動を回想。

 松竹芸能を退社し「大きな木から飛び出して、1人でやっていくことになり、いままでがどれだけ恵まれていたのか、実感している毎日です」と思いを明かし、「木の下から隆く行くために『UtREE』という会社を立ち上げました」と、自身の名前に絡めて新会社名を紹介した。

「U」という文字には「『UNDER』という意味だけでなく、『Unique』『Universal』『Upright』という意味も込めて名付けました」と説明。「何ができるのか、何をしていいのか、毎日毎日不安でもあります」と心境を吐露するも、「でもそれは、相方や会社に頼り切っていた自分への試練、前向きにとらえていければとも思っています」と先を見据えている。

ブログでは「失った信用を取り戻していけるよう全力で取り組みたいと思っていますので、今後ともよろしくお願い致します」と呼びかけた。

木下は、今月5日に松竹芸能の公式サイトと自身のツイッターで15日での退所を発表。コンビは解散せず、相方の木本武宏(48)は引き続き同社に所属している。16日には、お笑い芸人・ジーニー堤(34)が代表を務める『GENIE’S ENTERTAINMENT』と業務提携したことが発表されたが、翌17日にジーニー堤がブログで業務提携を白紙撤回するとし、あくまでも木下の営業窓口のひとつで、所属タレントになるという話ではなかったと説明していた。

TKO木下、新会社「UtREE」設立「いままでどれだけ恵まれていたのか、実感している毎日です」

この記事の反応

>お笑い芸人・ジーニー堤(34)が代表を務める『GENIE’S ENTERTAINMENT』と業務提携したことが発表されたが、翌17日にジーニー堤がブログで業務提携を白紙撤回するとし、あくまでも木下の営業窓口のひとつで、所属タレントになるという話ではなかったと説明していた。

ジーニー氏も恫喝して提携白紙にしたのですね。分かります。

少し名前があるだけで、協力者がいなけりゃYouTuberは無理ですよ。
初めだけでしょう。
後悔しても遅いよね。
何故か相方の木本が今まで以上に活躍してますね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る