映画「陽はまた昇る」「半落ち」佐々部清監督が死去

映画「陽はまた昇る」「半落ち」などで知られる、映画監督の佐々部清(ささべ・きよし)さんが、3月31日に、山口県下関市で亡くなったことが分かった。62歳。亡くなる2日前まで、SNSを更新していた。
山口県生まれの佐々部さんは、明大文学部演劇科を経て、84年から映画、テレビドラマの助監督を務め、キャリアを積んだ。崔洋一監督、杉田成道監督、降旗康男監督、和泉聖治監督らに師事した。高倉健さん主演の映画「鉄道員」「ホタル」の助監督も務めた。

監督デビュー作、02年「陽は-」で、日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞、日本アカデミー賞優秀作品賞に選ばれた。04年「半落ち」で2度目の石原裕次郎賞に輝き、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。

「シネコンでは中高年が見られる作品が少ない」と、自らプロデューサーを務めて監督した07年「八重子のハミング」では、認知症を発症した妻と支える夫を描いた。資金集めから始め、全国各地での上映会を企画し評判は口コミで広がった。8館でスタートした作品は100館以上の規模で公開された。

映画はほかに「日輪の遺産」「出口のない海」「夕凪の街 桜の国」「ツレがうつになりまして。」など、ドラマ、舞台の演出も手掛けた。

▽俳優佐野史郎(ツイッターで) 1999年、私の初監督映画「カラオケ」ではチーフ助監督を務めてくれ、2012年テレビ朝日の松本清張ドラマスペシャル「波の塔」では監督と俳優として密度の濃い時間を過ごした。本当に優しい、人情に厚い方でした。安らかにお眠りください。

◆佐々部清(ささべ・きよし) 1958年(昭33)1月8日生まれ。明大文学部演劇科を経て、84年から映画、テレビドラマの助監督を務めた。主に崔洋一、杉田成道、降旗康男、和泉聖治ら各監督に師事した。「鉄道員」「ホタル」(ともに高倉健主演)などの助監督を務めた。映画「陽はまた昇る」「半落ち」佐々部清監督が死去

この記事の反応

半落ちは、こころにつきささる、良い映画でした。寺尾聰の無言の演技がすごすぎた。監督、まだ早すぎる。ご冥福をお祈りします。
半落ち…若いときチケット貰ったので見に行きました。
何とも言えない切ない余韻で最後の曲が流れてもあまり人が立ち上がらずずっと見ていたのを覚えています。
ご冥福お祈りいたします。
ビックリして言葉になりません。
日輪の遺産やツレがうつになりましての公開があった2011年、監督の公式サイトにメッセージを書いたことがありました。
こんな1ファンにもお返事下さり、とても嬉しかった事を覚えています。
ご冥福をお祈り致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




ページ上部へ戻る