ドラゴンクエスト ダイの大冒険 24年の時を超えアニメ化!ダイの大冒険ってどんなアニメ?

週刊少年ジャンプ史における冒険活劇超大作「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」

ゲームでも大人気の「ドラゴンクエスト」が、24年の時を超えアニメ化しました!

ゲーム「ドラゴンクエスト」の世界観を元にし、週刊少年ジャンプで7年間連載していた漫画作品。

今回、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」がどんなアニメなのか紹介してきます!

https://twitter.com/RyutaroIchimura/status/1208230702241574912

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」あらすじ

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のあらすじはこちらになります。

魔王ハドラー率いる魔王軍と勇者率いる勇者パーティの戦いは、勇者パーティの勝利で終わり、魔王の配下であったモンスターも魔王の支配から解き放たれ、世界に平和が訪れた。

それから十数年後。モンスターが平和に暮らす怪物の島・デルムリン島で唯一の人間である少年ダイは、鬼面道士のブラスに育てられながら、ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを始めとする友達のモンスターたちと共に平和に暮らしながら、勇者になることを夢見ていた。

ある日、ゴメちゃん以外の島のモンスターたちが凶暴化。辛うじて理性を保っているブラスは魔王が復活したことを察する。そこに勇者の家庭教師を名乗る謎の人物アバンとその弟子の魔法使いポップが現れ、島をマホカトールで覆い、モンスターたちを魔王の支配から救った。魔王を倒し、平和を取り戻すべく、ダイはアバンの指導を受けて、秘められた力を開花させていく。

修行の最中、復活したハドラーが現れ、アバンがかつて魔王を倒した勇者であること、自身がハドラーを超える力を持つ大魔王バーンの力で蘇り、再び地上を制圧するために新たな魔王軍が編成されたことを語り、アバンとその弟子たちを倒そうとする。弟子たちを護るためにメガンテを使い、その命を散らすアバン。生き残ったハドラーとの戦いの最中、ダイは謎の紋章の力でパワーアップし、ハドラーを退ける。アバンの遺志を継いだダイは魔王軍を倒すべく、ポップやゴメちゃんと共にデルムリン島から旅立っていく。

wikipediaより

元々モンスターが平和に暮らす島の出身であるダイが、様々な仲間と出会い、仲間と成長を共にし、魔王ハドラー、そして、大魔王バーンを倒すまでの冒険活劇です。

単純な勧善懲悪の物語ではなく、味方も敵側にも一つ考えされることのある、深い物語が特徴で筆者も当時毎週楽しみながら読んでいた経験があります。

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」 登場人物

ダイ

ダイの大冒険 ダイ

本作の主人公。両親は不明でデルムリン島で育ての親である鬼面道士(ゲームのドラゴンクエストでも出現する敵キャラクター)とゴールデンメタルスライムのゴメちゃん、その島の仲間たちと暮らしていた少年。

後述するアバン先生に島の仲間たちを救ってもらった経験から、勇者になるための技術を学び、ポップとともに旅に出る決心をする。

元気いっぱいで優しい性格の持ち主。出生は不明だが、なぜか、「竜の紋章」を額に宿している。

ポップ

ダイの大冒険 ポップ

アバン先生の一番弟子で魔法使い。ダイの兄弟子でダイに対して大きな顔をすることもあるが、臆病でどこか頼りない存在。

やがて、ダイと旅を続けて、様々な経験を通していくことで彼は精神的にも魔法使いとしての技量も成長していく。

アバン先生

ダイの大冒険 アバン先生

本名アバン=デ=ジニュアール3世。ポップの師匠にしてかつて魔王ハドラーを倒した勇者。ダイと出会った時には、勇者育成業と称して各地を回り、ダイを勇者に勧誘した。

ダイとポップを立派な勇者と魔法使いにする最中、デルムリン島にかつての仇敵ハドラーと交戦し、二人を守るため、メガンテを使用してハドラーを道連れにする。

基本的に穏やかな人物で、自分の地位や名誉に執着を見せない人当たりの良い性格をしている。ボケの立ち位置でつまらないギャグやボケなどひょうきんな行動で場を和ませることを得意としているが、いざというときは頼りになる聡明な人でもある。

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の見どころは?

ダイの大冒険 ダイ

当時の少年たちをワクワクさせたストーリーはとても楽しみです。泣きあり笑いあり敵も味方も魅力的なキャラクターが沢山います。

そして、キャラクターたちは物語が進むにつれ大きく成長していく様を見届けることができると考えたら今からとてもワクワクします!

同時にゲームも発売されるとのことで首を長くして待ちたいと思います。

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」twitterの反応

https://twitter.com/778mp/status/1208299961307156480

ダイの大冒険の名言なんかもどうぞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る